看護師になるきっかけと成長について

看護師になるきっかけと成長について

なぜ看護師として働く方になろうと思ったのかは本当に何をきっかけにして看護師になろうと思ったのかを志望動機に入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時の理由はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。

1つ注意をしたいのが、以前の職場への批判などは言わないようにしましょう。

例えば給料の面でいうと治験コーディネーターの給料というと、
これは能力によって大きく差が出ると
いわれているのですが、人によっては年収400万という
人もいれば年収600万という人もいて、大きく異なります。

これは、能力とこれまでの経験に大きく左右されるとの
ことなので、自分のことを良く鑑みて、応募していくといいですね。

こうしたように看護士の求人はいくらでもありますが、希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。ナースの資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がないところに勤めたいと大抵の方が思っているでしょう。

ただし求める条件に合う転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要です。

看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。職場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護をする方も多いです。看護師になるための国家試験は、年に1度催されます。看護師不足が深刻になっている日本のためには良いことに、直近数年における看護士資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。あと、合格率は高いですが、その後も仕事の中でいろいろと勉強は必要ですからね。

(C) 看護師の職場ハローワークHOP | SEO対策